新リミックス曲ができあがりました



2015年6月3日に新リミックス曲「真夏の夜の方程式 feat.GUMI (BarkTunes Remix) 」ができあがりました。
これは、音楽投稿サイト CREOFUGA でのリミックスコンテスト「ケミカルリアクション・ラボラトリー」への応募作品です。原曲はDENSHI JISIONさんによるポップロックでしたので、ポップなドラムンベースへのリミックスを目指しました。

さて、私は今までこういったコンテストなどへ応募したことがありません。なぜなら怖いからです。
自作曲については、それへの反応が得られないのはシンドイものですが、「反応が得られる曲が作れていない」という現実から180度目をそらして、「俺は、ち、知名度が低いだけだからね!」と自己欺瞞をぶち上げて何とか自我を保つことが可能です。しかしそれでも精神的なスタミナがすぐに切れて長期にわたって休んだり、遅作になったりしちゃいます。
それがコンテストとなると、「お前の曲は選ぶに値しないよ」と、はっきりとした現実が突きつけられるわけです。本コンテストではそれが7~8月にやってきます。その時にはプレパラートの上の方のカバーガラス並に薄い私のハートは、一瞬で砂のように粉々になることでしょう。あぁ、恐ろしか(長崎弁で「恐ろしいことだとは思いませんか? つーか思うに決まってるよね。違いねーわ」の意)、既に書いていて手が震えてきていますよ。
しかし、自作曲「I Don’t Know What She’s Saying」ができた時のブログ記事でも書きましたが、昔から歌モノ、ポップスを手がけたいという強い欲がありました。今回のコンテストではそれが可能であると知った後、2日ほど悩んだ結果、恐怖より欲が勝ってしまった顛末となりました。

最後にちょっとだけ今回のリミックス曲を作った感想を述べますと、これが思った以上に楽しかったです。いろいろとやってみないと分からないものがたくさんあるなあ、と痛感しました。
また、本コンテストにエントリーされた他の方々の曲はリアルタイムに公開されているのですが、それをお聴きすることで、より客観的に自曲の反省点を噴出させることができます。これはとても貴重な経験でした。
そしてもし今後、心に余裕があるものならば、多少恥をかくことになっても、こういった企画に積極的に参加することもなんか良いな、と思った次第です。CREOFUGAさん、およびDENSHI JISIONさんには、このような機会をいただいたことにお礼を申し上げます。

追記(2015/7/13)

残念ながら本コンテストにて落選しました。素晴らしい選考作品はこちらからお聴きいただけます。やっぱりレベル高いですね。
落選のダメージ? もちろんあるよ! ヒャッホー!!……しばらく押し入れに閉じこもります。


更新履歴

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。